このサイトについて

「性転換、女装をテーマとした小説、TS小説」を読みたい人が出来るだけ簡単に小説に辿り着けるようにという視点で、最新のリストを作成しました。今後、更にサイトを追加する予定です。キーワード検索すると数百のサイトが見つかりましたが、2000年~2005年ごろに創設された古いサイトや長年更新されていないサイトも多く、リスト作成は難航しました。

【訪問者としての視点】
FC2などの無料ブログで作成されたサイトの場合、長期間更新されなかった結果、アダルト広告がデカデカと表示されて、怪しいサイトに見える場合が散見されました。

ブログ形式のサイトの場合、ブログ記事と小説の投稿が一緒くたになって、訪問者が簡単に小説に辿り着けないサイトが非常に多く、惜しいなと思いました。せっかく書いた小説ですので、小説本分へのリンクをサイドバーに示すとか、サイトに投稿された小説のカタログページを作らないと、訪問者の目に留まりません。

【まとめサイト運営者としての視点】
「性転換、女装をテーマとした小説、TS小説」というニッチな分野で最新情報のまとめサイトがあれば、コアな訪問者のアクセスが集まります。

TS小説サイトの運営者にとっては、相互リンクを貼ることにより、定常的なトラフィックが生じやすくなるので、メリットが大きいと思います。

相互リンク要請は大歓迎しますので、「お問い合わせ」ページよりお知らせください。なお、リンク先URLは読者の視点で設定することが本サイトのモットーです。できるだけ小説のリスト(タイトル)ページそのものへのリンクURLを設定したいと存じます。今回作業をしていて感じた事ですが、サイトのトップページから小説リストに辿り着くまで3~5クリックを要した場合や、必死で探しても小説リスト自体が見つからない場合もありました。

訪問者の視点で言わせていただくと、小説サイトなら、掲載されている小説のタイトル(リンク付き)がトップページにあるのが理想的であり、少なくともトップページの一目で分かる場所に、小説リストへのリンクが設置されているべきだと思います。

また、R18小説を掲載されている場合に「あなたは18才以上ですか?」の確認に2~3クリックを要する場合があり、へきえきしました。天下のAmazonでも、年令確認をクリックしないと見られないのは、非常に露骨な「アダルト」書籍だけです。この点、サイト運営者側で過度に慎重なサイト作りをしている例が多かったと感じました。

「性転換、女装をテーマとした小説、TS小説」のサイトの運営者の方には、訪問者の視点で、最小のクリック数で、欲しい本を見つけやすく、読みやすいサイトを作っていただきたいと思います。

広告